鹿児島高専の雪だるま

 令和5年1月24日(火曜)から25日(水曜)にかけて,全国的に強い寒気の影響で,鹿児島高専のある霧島市に雪が降りました。その影響で,鹿児島高専は24日午後,25日午前と休講となりました。

 鹿児島高専でも積雪が見られ,積もった雪を使って電子制御工学科2年生4名が雪だるまを作りましたので,紹介したいと思います。本人たち曰く,「雪だるまを製作するための場所を探すのに苦労しました」とのことでした。

 寒さに負けず,学生たちは頑張っています。

開講記念特別講演会の発表

 11月9日に開講記念特別講演が実施されました。特別講演では,Well-beingをテーマに複数の講演,発表が行われましたが,その一つに令和4年9月12日(月)から9月16日(金)で実施されたJSTS(Japan Seminar on Technology for Sustainability)の発表がありました。JSTSに関する詳しい内容については以下のリンクを参照されてください。

JSTS2022

 JSTSは,学生が主体となるセミナーで,今年度は高専生,技科大生,海外(マレーシア,タイ,フィンランド)の大学生が参加し,『みんなを笑顔にする超スマート社会とクリーンエネルギーの実現』というテーマでグループワーク,プレゼンテーションを行いました。

 また,JSTSの運営についても学生が主体となって行っており,そのリーダーを電子制御工学科5年 入尾野智紀くんが担当しました。今回の特別講演では,JSTSの学生実行委員として経験した内容について発表を行いました。鹿児島高専では,学生の成長につながる複数の取り組みを行っており,それぞれの取り組みを通じて学生個々のWell-beingが実現されることを期待しています。

クラスマッチ

4月20日 火曜日 快晴の中、鹿児島高専ではクラスマッチが行われました。
さまざまな種目でクラス対抗戦が行われた中、電子制御工学科3年生は、電気電子
工学科5年生とサッカー競技で接戦を行いました。試合時間では2-2と決着がつかずPK戦に突入、お互い5本ずつ蹴り合いましたが、それでも決着がつかなかったため、PK戦延長に入りました。PK戦合計18本蹴りあった結果、残念ながら負けてしまいました。
PK戦延長では、1本ずつ一喜一憂し、とても盛り上がりを見せていました。
スポーツに汗を流し、楽しく過ごした1日でした。

 

令和元年度 一日体験入学

8月4日(日曜日)に一日体験入学が実施され,電子制御工学科には約100名の中学生の皆さんが参加しました。一日体験入学では,学科説明,体験実習,学科展示見学等を実施しました。この体験を通じて,鹿児島高専電子制御工学科について知ってもらうことが出来たと思います。一日体験入学に参加してくれた中学生の皆さんの多くが,来年度鹿児島高専電子制御工学科に入学してくれることを期待しています。一日体験入学には,中学3年生だけでなく,2年生,1年生の参加も出来ますので,鹿児島高専に興味のある中学生の皆さんは,来年度の一日体験入学にぜひ参加してほしいと思います。

本年度の体験実習テーマ

1.レーザーでオリジナルキーホルダー作りを体験してみよう

2.電子サイコロをプログラミングで構築して,すごろくをしよう!

3.障害物回避ロボットをつくってみよう

4.ミニロボコンに挑戦

5.あなたもUFOキャッチャーの名手!~UFOキャッチャーのコンピュータ制御~

6.4足歩行ロボットづくりに挑戦

村田製作所ロボット講座の開催

10月11日の特別講座(4年生の科目)では,村田製作所の方々が来校されて,ロボット講座を実施していただきました。村田製作所のロボットには,ムラタセイサク君,ムラタセイコちゃん,村田製作所チアリーディング部があり,今回の講座では,ムラタセイサク君,村田製作所チアリーディング部のデモンストレーションの他,ロボット開発に関するお話などがあり,とても楽しい時間を過ごすことができました。

村田製作所のロボットに関することは以下のURLを参照してください。

https://www.murata.com/ja-jp/about/mboymgirl

きりしまチャレンジャー

平成28年度きりしまチャレンジャーが12月18日に実施されました。電子制御工学科では,「電子ゴマを作ろう」というテーマで講座を実施し,19名の小学生が参加しました。参加した生徒さんは,慣れないはんだ付けの作業に,一生懸命に取り組んでいました。電子ゴマの制御基盤を完成させ,コマの回転軸を取り付け,電池をセットして,コマが回転してLEDが光り,音楽が流れる様子を見ながら,参加者は無事製作できたことの喜びと安堵感の表情を見せていました。電子ゴマには。抵抗,トランジスタ,LED,ICなど,様々な電子部品が使われています。是非,鹿児島高専に入学して,それらの電子部品が動作する原理について学んでほしいと思います。

 

サイトウアキヒロ先生の講演会

11月17日(木)に,亜細亜大学・教授のサイトウアキヒロ先生が,鹿児島高専に来られて講演を行いました。サイトウ先生は,ゲーム開発やCM制作などの仕事をなされた経験をお持ちで,その世界ではとても有名なお方です。ぜひ,インターネットでサイトウ先生について,検索してみてください。鹿児島高専での講演には,3年電子制御工学科の学生らを含め多数の学生,教員が参加しました。

講演の中で,世界的に有名なスーパーマリオの開発やゲームニクスについてお話があり,参加した学生,教員共に,サイトウ先生の熱意の入った講演をとても楽しく拝聴することができました。2時間を超えて行われた講演でしたが,時間が経つのがあっという間に感じられました。

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%a6%e5%85%88%e7%94%9f%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a%e5%86%99%e7%9c%9f

スウェーデンからの学生との国際交流

電子制御工学科3年生の創造設計の授業に,スウェーデンからの学生が参加しました。

学生らは,慣れない英語で自分たちの制作しているロボットを説明し,お互いに身振り手振りで理解しあっていました。夏休みに行われた(希望者による)海外研修では,何名かの学生がスウェーデンへの研修に参加しています。グローバルの時代が来ていますので,学生の皆さんには,海外でも活躍する技術者になることを期待したいと思います。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

リモコン戦車を組み立てて電子制御を知ろう

8月20日(土)9:00~12:30に,公開講座を実施しました。講座は,電子制御工学科教員2名,専攻科学生2名が担当し,小学生3名,中学生4名の計7名が参加しました。

講座では,最初に鹿児島高専について紹介をし,その後3時間かけてリモコン戦車の製作を行いました。完成した後に,走行テストを行い,参加者同士で対戦を行いました。公開講座を通してもの作りに興味を持ってもらい,是非鹿児島高専に来て欲しいと思います。

来年も実施する予定ですので,興味のある小中学生はぜひ参加してください。

ブログ写真2

 

きりしまチャレンジャー 


~電子制御工学科担当講座~

 12月13日(土曜)に,きりしまチャレンジャーの鹿児島高専担当の講座が開催されました。電子制御工学科では2講座を開講しました。そのうちの1つの講座は「電子ゴマを作ろう」です。講座には10名の小学生が参加してくれましたが,慣れないハンダ付け作業などを行い,全員電子ゴマを作ることが出来ました。時間に少し余裕がありましたので,最後に電子制御工学科の実験で使っているアームロボットを全員で動かしました。
もう一つの講座は「ピンポン玉ロボットで遊ぼう!」です。9名の小学生が参加してくれました。ロボットの構成や回路について勉強し,実際にロボットの一部の組み立てを行いました。最後には組み立てたロボットを用いて玉入れゲーム(ミニ・ロボコン)を2人1チームで総当たり戦で行い,大いに盛り上がりました。
来年も鹿児島高専できりしまチャレンジャーの講座が開かれますが,電子制御工学科が次回担当するのは平成28年度の予定です。
来年のきりしまチャレンジャー・鹿児島高専担当の講座にも多くの小中学生が参加してくれることを期待しています。