卒業研究の中間発表が行われました(令和4年度)

卒業研究 第2回中間発表 (2022/10/13)

高専5年生は、1年かけて卒業研究を実施します。その成果は1月中に卒業論文にまとめ、2月に発表します。機械工学科ではこの本番に先立ち、2回の中間発表の機会を設けています。教員や仲間から質問やコメントを得て、本番に向けて内容をブラッシュアップしてゆくのです。学生は皆、気合が入ります。

45名が2日間に分けて、緊張の面持ちで中間成果を発表しました。鋭い質問や厳し~いコメントにもひとまずきちんと対応。緊張はますます高まりますが、まあ、それも勉強です😊

「航空技術」についての特別講演が行われました

学生のキャリアアップを目的として、12月14日(火)に「航空技術」についての特別講演が行われました。
講演タイトルは「企業が求める航空人材」で、講師はANAベースメンテナンステクニクス(株)代表取締役社長 細見光徳 氏、および、元 沖縄工業高等専門学校機械システム工学科教授 田口学 先生です。
講演では、「航空業界の仕事について」の紹介が行われ、「仕事に正直に向き合うこと」、「入社同期の人たちとの絆を大切に」、「一歩踏み出す勇気」等について、体験談を交えて、お話がありました。
また、学生からの質問として、「リーダーや社長になるにはどうしたらよいですか?」、「学生時代に大切にしてきたことは何ですか?」、「自分の意見をなかなか言えないが、どうしたらよいですか?」等が出されました。学生にとって、とても有意義な時間となり、進路選択の一助にもなったのではと思います。
細見社長、田口先生、とてもお忙しいところ、ご遠方より、ご来校下さいまして、ありがとうございました。
なお、聴講者として、機械工学科を中心とした学生168名、教員8名、事務職員10名の合計186名が講演に参加しました。

令和4年度から機械工学科専門科目の内容が新しくなります

機械工学に関連する分野は幅が広く、様々な産業分野で機械技術者が求められています。

制御・情報工学に加えて、近年では、AI(人工知能)や自動運転、IOT(製品自体をインターネットにつなげて、より便利に活用する)技術等も取り入れられ、常に機械工学分野は進化し続けています。

このように、機械技術者の産業界から求められる能力の変化に対応するために、令和4年度から機械工学科専門科目の学習内容を新しくします。機械工学を軸足として、AIやIOT等、周辺技術に関する基礎的な内容を含むようにします。

特に、次の3つの項目について、充実させます。
1.デザイン(意匠デザイン、設計、PBL)
2.知  能(プログラミング、AI、ICT)
3.導入教育(基本的な内容の座学、体験学習、企業見学)

—–

新しい教育内容の設計方針を示します。
1.基礎科目(物理学および数学)、ならびに、力学系科目(材料力学、機械力学、熱力学、流体力学)をはじめとする専門科目(材料学、工作、設計、制御等)を配置します。
2.導入教育を充実させる科目として、機械工学演習を配置します。
2.実践的な技術を習得する科目として、工作実習、設計・製図、工学実験を配置します。
3.創造性およびデザイン能力を高め、ものつくりの過程を学ぶため、デザイン系科目(プロダクトデザイン、デジタルデザイン、創造デザイン、卒業設計)を配置します。
4.機械工学と融合・複合する分野にも対応するため、知能・情報系科目(コンピュータリテラシ、AI基礎、情報処理、回路情報工学、メカトロニクス等)を配置します。
5.自主的に活動し、対話、課題発見、調査、分析、問題解決、発表、討論の能力を高めるためのPBL科目として、デザイン系科目に加え、メカトロニクス演習を配置します
6.5年次には、全ての科目の総まとめとして、自ら、答えのない工学的問題や課題を発見して考え、計画的に取り組み、論理的に解決策を導いていく問題解決能力を高めるため、卒業研究を配置します。

以上です。

機械工学科の公開講座に参加しませんか?

今回の公開講座は延期(日程は未定)することになりました.

 

機械工学科の公開講座に参加しませんか?
2つの公開講座をコラボ開催します。
どちらか1つにお申し込み下さい。

鹿児島高専ホームページの「イベント情報」から、お申込下さい。
https://www.kagoshima-ct.ac.jp/news/19161/
QRコードを添付します。

■「ウインドカーを作って走らせよう」
日時:令和3年12月18日(土) 10:00~12:00
対象:小学5年生~中学生
定員:10名
参加料:無料
申込締切:令和3年12月10日(金)

■「スターリングエンジンを作って発電の仕組みを見てみよう」
日時:令和3年12月18日(土) 10:00~12:00
対象:小学5年生~中学生
定員:10名
参加料:無料
申込締切:令和3年12月10日(金)

*画像は、製作する市販の組み立てキットのイメージです。

令和3年度システム安全アソシエイト資格認定試験

令和3年10月2日(土)に鹿児島高専を団体受験会場として、「令和3年度システム安全アソシエイト資格認定試験」が行われました。
機械工学科4年生15名が試験を受け、全員が合格し、この12月8日(水)に認定証が手渡されました。おめでとうございます!

この「システム安全アソシエイト」は、システム安全の入門資格で、システム安全に関する基本的な知識を有することが保証され、資格は生涯有効です。
就職して実務経験を積みながら、さらに「システム安全サブエンジニア」、「システム安全エンジニア」の資格へと段階的にステップアップできます。合格者の皆さん、さらなるスキルアップを目指して下さい!

「システム安全エンジニア」について
工学の知識をもち、さらに安全技術と安全規格・法規についての知識と実務能力、総合的マネジメント能力をもつ安全専門職が求められています。

システム安全エンジニアの資格取得者は、設計部署における安全の検討、生産管理部署における安全管理の検討に加え、設計レビューや設備更新における安全の検討等で、主導的に活躍できます。
「システム安全エンジニア資格認定委員会」が、これらの資格試験を実施しています。

1年生(機械システム基礎)の授業風景

1年生の機械システム基礎では,機械工学をこれから学んでいくために必要なジェネリックスキル(創造性,チームワーク力,コミュニケーション力等)を身に付け,向上させるためにいろいろなテーマの演習に取り組みます.

今回は,「学生達が周りの人達に伝えたいことの面白いCMをつくろう」というテーマで動画制作に取り組みました.

各班でそれぞれの題材を設定して,面白い動画を作っていました.

写真は発表会の様子です.

令和2年度 卒業式

5年生の皆さん,ご卒業おめでとうございます.これからのご活躍を期待しております.

機械工学科5年 新富君が「卒業研究最優秀賞」を受賞しました.

機械工学科5年 ナジフ君が「一般社団法人 溶接学会 九州支部 奨学褒賞」を受賞しました.

おめでとうございます!