令和元年度 一日体験入学

8月4日(日曜日)に一日体験入学が実施され,電子制御工学科には約100名の中学生の皆さんが参加しました。一日体験入学では,学科説明,体験実習,学科展示見学等を実施しました。この体験を通じて,鹿児島高専電子制御工学科について知ってもらうことが出来たと思います。一日体験入学に参加してくれた中学生の皆さんの多くが,来年度鹿児島高専電子制御工学科に入学してくれることを期待しています。一日体験入学には,中学3年生だけでなく,2年生,1年生の参加も出来ますので,鹿児島高専に興味のある中学生の皆さんは,来年度の一日体験入学にぜひ参加してほしいと思います。

本年度の体験実習テーマ

1.レーザーでオリジナルキーホルダー作りを体験してみよう

2.電子サイコロをプログラミングで構築して,すごろくをしよう!

3.障害物回避ロボットをつくってみよう

4.ミニロボコンに挑戦

5.あなたもUFOキャッチャーの名手!~UFOキャッチャーのコンピュータ制御~

6.4足歩行ロボットづくりに挑戦

NECと鹿児島高専の共同教育アイデア発表会

2018年度からNEC様との共同教育の取り組みを行なうことになり、3月1日にトライアル形式にて発表会を実施していましたが、8月6日に2019年度のアイデア発表会を実施しました。今回はチーム・個人から6つのテーマで発表があり、NECの方々に審査頂いたところ、1位は4S花井さん、2位は3S岡本君チーム、3位は4S谷川君チーム、同3位は2S石原君チームが表彰され、景品が授与されました。今年度は夏期休業中や後期の時間帯にアイデアを実現化することも計画しており、12月に予定している成果発表会が楽しみです。

NECと鹿児島高専の共同教育(仮称)トライアル発表会

2018年度からNEC様との共同教育の取り組みを行なうことになり、本日はAI活用をテーマとしたアイデア発表会を実施しました。先方の事前審査で選ばれた5名の学生が発表しましたが、その内の4名は当学科所属の学生です。発表内容は公開できませんが、発展可能性が高い内容が多く、来年度には実現してくれることを期待しています。

記念品授与された後の集合写真(左側からNEC社員2名、4S黒岩海斗君、2AMS二渡一昇君、2S岡本康太君「最優秀賞」、5S樋口拓実君、5S中園健児君、NEC社員1名)

本学科所属学生が学生表彰

本学科卒業の機械・電子システム専攻2年生1名と1年生2名及び5年生2名の5名が、学生表彰(文化賞)を受けました。
これは、8th International Joint Symposium Engineering Educationで発表し、Best Presentation Awardを授与されたことにより、本校の名声を高めた功績によるものです。

左から
長谷川 慶君(機械・電子システム工学専攻1年生)
徳田 拓海君(機械・電子システム工学専攻1年生)
校長
東内 裕武君(電子制御工学科5年生)
下原 啓佑君(電子制御工学科5年生)

後藤 巧志(機械・電子システム工学専攻2年生):欠席

高専チャレンジ冬の公開講座

今年度は6名の方に参加して頂きました。当学科では、電池とLED、スピーカー等で構成された「電子ゴマ」の製作をテーマとしました。

ハンダ付け作業は初めてという人は、最初は慣れない様子でしたが、飲み込みが早くて、早い段階で速やかに作業できるようになっていました。ぜひ、お正月にも作製した電子ゴマを回して楽しんでもらえればと思います。

LEDが光る原理などは本校電子制御工学科に入学して学べますので、興味を持った方はぜひ受験して頂きたいと思います。

村田製作所ロボット講座の開催

10月11日の特別講座(4年生の科目)では,村田製作所の方々が来校されて,ロボット講座を実施していただきました。村田製作所のロボットには,ムラタセイサク君,ムラタセイコちゃん,村田製作所チアリーディング部があり,今回の講座では,ムラタセイサク君,村田製作所チアリーディング部のデモンストレーションの他,ロボット開発に関するお話などがあり,とても楽しい時間を過ごすことができました。

村田製作所のロボットに関することは以下のURLを参照してください。

https://www.murata.com/ja-jp/about/mboymgirl

2018年度一日体験入学

2018年8月5日(日)に一日体験入学を実施し、90名の生徒さんが当学科の実習テーマを体験しました。記録的な猛暑の中で、熱心に見学して頂けた様です。ぜひ鹿児島高専電子制御工学科の受験を検討してみて下さい。

電子制御工学科所属学生が学会表彰

電子制御工学科教員の研究に従事している学生3名が、学会発表で表彰されました。これは本校の名誉を高めてくれたことであり、本日は学生表彰を受けました。3名とも進学を予定しており、今後の活躍が期待されます。

左:徳田拓海君(5年生)7th International Joint Symposium Engineering EducationにてBest Presentation Award (研究指導教員:鎌田)

中:今村優希君(専攻科1年)第70回電気・情報関係学会九州支部連合大会にて連合大会講演奨励賞(研究指導教員:新田)

右:白澤夏樹君(5年生)第25回電子情報通信学会九州支部学生会講演会にて学生会講演奨励賞(研究指導教員:福添)

平成29年度きりしまチャレンジャー

平成29年度きりしまチャレンジャーが12月17日(日)に実施されました。電子制御工学科では、「電子ゴマを作ろう」というテーマで講座を実施しました。講座は、電子制御工学科教員4名,電子制御工学科5年生3名、4年生1名の学生が担当し、17名の小学生と1名の中学生が参加しました。最初に、電子ゴマに使われているLEDと、一般に使われている白熱灯、蛍光灯について説明した後、キットの製作に取り組みました。教員、学生の指導のもと、参加した児童、生徒は、慣れないはんだ付けの作業に,一生懸命に取り組んでいましたが、電子ゴマが完成し、コマが回るとLEDが光り、音楽が流れると児童、生徒は喜びと安堵感の表情を見せていました。

 

 

 

公開講座(リモコン戦車を組み立てて電子制御を知ろう)

画像

8月19日(土)9:00~12:30に,公開講座「リモコン戦車を組み立てて電子制御を知ろう」を実施しました。講座は,電子制御工学科教員2名,電子制御工学科5年生3名が担当し,小学生8名が参加しました。講座では,最初に鹿児島高専について紹介をし,その後3時間かけてリモコン戦車の製作を行いました。完成した後に,走行テストを行いました。感想の中には

・難しかったけど終わった時とてもうれしかった。

・親子で楽しいものつくりができました。ありがとうございました。

・バトル戦車を一からつくったのが楽しかった。次回もまた参加してみたい。

とありました。公開講座を通してもの作りに興味を持ってもらい,是非鹿児島高専に来て欲しいと思います。来年も実施する予定ですので,興味のある小中学生はぜひ参加してください。